お城下の面影ゆかしい土佐、歴史物語、三翠にあり

三翠園歴史散策

お城下の面影ゆかしい土佐、歴史物語、三翠にあり

三翠園の建つ鷹匠町の一帯は、藩政時代から藩主ゆかりの地。
山内家に仕える武士たちが住まいした町。
ぬけるような空を仰げれば、お城はすぐそこに。
春は桜にぼんぼり揺れて、オフィス街を緑に染める楠、秋の銀杏並木。
通りを歩けば、いまも昔も変わらない土佐人気質に出会えるでしょう。

重要文化財 旧山内家下屋敷長屋


この長屋の立つ敷地は、幕末に家臣7人の屋敷地を召し上げて藩主であった山内容堂の下屋敷がもうけられたところです。長屋についての記録はありませんが、その時建てられたものと思われます。屋敷は明治維新後、山内家の私邸となりましたが、戦後売却され、その大部分は、三翠園の所有となっています。昭和53年、長屋(建物)は高知市に譲渡され、同54年、国の重要文化財に指定されました。同55年2月保存修理に着手、56年9月に完成しました。
長屋は旧屋敷地の西端にあって道路に面し、桁行17間半、梁間2間半で南北に長く、2階建、入母屋造、東面に庇をつけ屋根は桟瓦葺です。1階は7区画にわけられ、4部屋は畳敷でその他は板敷と土間です。2階は3部屋にわけられます。また2階への昇り口は2箇所あります。建物はこの140年余りの間に度々改造されていたうえ、白蟻の被害がいちじるしかったのですが、柱等の軸部に当初の材がよく残されていたため、調査と解体修理によって復元することができました。この種の本格的な武家長屋は全国的に少なく、貴重だといえます。

はりまや橋

歴代のはりまや橋のうち明治41年から昭和4年まで架設されていた橋が当館の敷地内に保存。平成10年に高知市へ寄贈し、現在はレプリカとして園地内に名残りをとどめています。

昭和天皇行幸記念樹

昭和25年(1950年)3月22日・23日、昭和天皇高知県行幸の際、当館にご宿泊になられたことを記念した黒松が保存されています。

三翠園の入り口 大門(おおもん)

幕末の香りが伝わる風格ある大門。風格あるどっしりとした大門は幕末の香りを今に伝えてくれます。

庭の皐(さつき)

藩主時代には全国各地の大名から寄贈されたさつきは約三千本。今も毎年5月中旬から下旬にかけ競い合うように開花します。

ページトップに戻る