志国高知幕末維新博特別企画展 西郷隆盛、三翠園にて山内容堂公に謁見す

特別企画展

志国高知幕末維新博特別企画展 西郷隆盛、三翠園にて山内容堂公に謁見す


三翠園では、現在、高知県で開催中の志国高知幕末維新博に参加し、
期間限定の企画展を開催しています。
三翠園の建つ地は、西郷隆盛が山内容堂と会見した由緒ある場所です。
これにちなんで、本年のNHK大河ドラマの主役である
西郷隆盛などの貴重な資料を展示させていただきました。

西郷どんと山内容堂が会見した 大成奉還礎の地にて幕末回顧


三翠園の建つ地は、土佐藩主山内容堂公の別邸がありました。この地を西郷隆盛が訪れたのは、慶応3年(1867)年2月。西郷は、薩摩藩主島津久光の命を受け、四候会議への参加を促すために来高しました。

館内ロビーには、歴史の舞台となった物見亭を浮かび上がらせた撮影スポットを設置。また西郷隆盛の年表や山内容堂公の自画賛と言われる掛軸や当時の迫力が伝わる幕末錦絵など、貴重な資料を展示しております。

土産ショップにも、西郷どんにまつわるお土産も販売しております。幕末に思いを巡らせながら高知の旅をご満喫ください。

展示期間:2018年12月まで

資料展

西郷隆盛の年表や九州戦争記の版画原画のほか、幕末の偉人を鶏卵写真で展示しています。また、鹿児島県の名産品である薩摩切子や大島紬なども陳列しています。

撮影スポット

ロビーから庭園を望む大きな窓に浮かび上がるのは、かつての物見亭。明治維新回天へ思いを巡らせながら、三翠園宿泊のご記念として、ご撮影ください。

案内看板

庭園内遊歩道脇に佇む高札。山内容堂と西郷南洲(隆盛)の会見の地として、明治維新回天の基礎を確立した地がここにあったことを刻んでいます。

龍馬像

「西郷どん!はるばる土佐へ来てもろうてありがとうぜよ。わしが小さい頃に泳いだ鏡川もすぐ裏にあるぜよ」。なんて、龍馬も、西郷さんに声をかけたかもしれませんね。

ページトップに戻る