プラン

THE 祝言

助け合い 信じあう
山内家の夫婦愛にあやかる感動婚

仲睦まじい夫婦の鏡として語り継がれる山内一豊と千代が祀られる 山内神社での挙式。
花嫁行列で歩を進め神前で新しい夫婦と家族の絆を誓う厳粛な挙式です。

セット内容 挙式料(山内神社)、新郎衣裳(紋付一式)、新婦衣裳(白無垢一式)、新郎新婦美容着付け・お支度料、かつら・かんざし、集合写真、新郎新婦控え室(3部屋)

価   格 300,000円(税別)

挙式の流れ

一、大門より山内神社へ
花嫁行列は大門を抜け、武家屋敷の佇む石畳を経て山内神社へ。
二、参進
巫女に先導され、神宮内へ歩を進めます。
三、一拝
挙式を始めるに当たり神様へのご挨拶をおこないます。
四、修祓
参列者の心身を清めます。
五、祝詞奏上
夫婦になる二人への神様のご加護とお恵みをお願いします。
六、信老夫婦盃
三献の儀、夫婦固めの盃。三種の盃で御神酒をいただきます。
七、誓詞奏上
結婚の誓いの言葉を神様に申し上げる儀式です。
八、指輪交換
夫婦の絆の証として指輪をお互いの薬指にはめる儀式です。
九、新郎新婦玉串奉奠
玉串を持って神前に進み、夫婦円満・家庭繁栄の願いを込めて捧げます。
十、両家代表玉串奉奠
両家の代表者が二人の末永い幸せを祈って、神前に玉串を捧げます。
十一、媒酌人玉串奉奠
十二、両家代表杯
両家の代表者が御神酒を酌み交わします。
十三、 全員杯
全員に御神酒が注がれ固めの盃を交わします。
十四、 一拝
挙式を修めるに当たり神様へのご挨拶をします。